撃沈!?

西湘サーフ
2006年5月16日 火曜日 3:30~10:30
月齢18 中潮 水温17.5℃


先週は、好調な釣果報告に溢れていた西湘方面も昨日からお魚が激減との話?
前回に仕事前釣行で釣れ無かっただけに、ちょっと不安が有ります。
朝の時合いが早いとの話から、いつもより早めに現地に入りました。
タックルの段取りをしていると、ド級さん登場!
眠ったお陰で元気に成ったそうです。(^^?)

サーフに降り立つと、少ないながらもルアーマンの方が何名か見受けられます。
今回は、東に多少歩いて、ポジションを取る事にしました。
昨日、かなり長時間ジギングしたので、体は少し疲れ気味です。
其処で今回は、キャストフィールの軽い、シーバス用のタックルを持ってきました。
ジグは封印して、ルアーで鯖を狙います。
風は北風ですから、飛距離も何とかなるでしょう。
お気に入りの、信じれるルアーを付けて、キャスト~

海は、波打ち際で大きくブレイクする事は有っても、海面自体はうねり少なく割とやり安い状況です。
ルアーをチェンジしながら投げ続けます。
予定の時刻を過ぎても反応は無し・・・やっぱり時合いは磯場と同じ?
だとすれば、5時半位から6時半位がプラチナタイムのはずです。
そう信じて、更に投げ続けます。

4時半を廻った頃に魚信、ヒット!
竿先から生命反応が・・・・・・直ぐに無くなりました。(T.T)
巻き上げ中にフックアウト、残念!
でも、サーフでは久しぶりの当たり、引きがかなり弱かったので、サバでは無さそうです。

気を取り直して投げ続けます。
周りはすっかり明るく成って、それまで感じられなかった、ベイトの気配が海面に現れる様に成りました。
時間は、プラチナタイムに突入!
渋い中も、ここ数回は、6時前後にはヒットが発生しているので、気持ちが入ります。
5時半を、廻った頃、波裏でヒット!
追い合わせを入れて、巻き始めると、今度は完全に乗せられました。
生命反応は小?サバでは無さそうです。
間を詰めて、ランディングに入ろうとした時、波が打ち寄せて、崩れる波の中に魚影が見えました。
セイゴ?イシモチ?
その直後、又しても、フックアウト、テンションが抜けたせいで、ばらして仕舞いました。
はぁ~・・・残念!
サーフでのゲットはホントに難しいです。

しかし、先週の好調が嘘の様に、見渡す限り、鯖なんて全く揚がって居ません。
ベイトもいる事には居るのですが、数が少ないのか、海鳥も全く飛んで来ないです。
プラチナタイムのはずが、限りなくネガなイメージばかりが、浮かんできます。
そんな状況下にも関わらず、ド級さんは鯖をゲット! 
続けと、頑張って投げたのですが、反応無く・・・

投げ続けたのですが、釣れそうも有りません。
時刻は7時半を廻って仕舞いました。
残念ですが、今日のタイトルは、”撃沈”で行く事にしました。
魚が無いので、今日から新規導入のルアーです。
ima 魚道 Heavy Surfer 90
e0066115_1553219.jpg

ジグ並のウェートが有り、飛距離は抜群。
泳ぎも自分的にはよさげ?なので気に入りました。
1軍入りです。

写真を撮っていると、ド級さんがジグを付け替えていて、”後、5投位します”とゆうので、帰る前に少しだけ自分も投げる事にしました。

朝一に魚をばらした近辺まで行って、キャスト~・・・・・・ヒット!w(゜o゜)w オオー!
ほんとかい?着水直後のヒットです。
ロッドから伝わる魚信はそれなりに強く、おそらく鯖!
ド級さんにヒットを伝えてから、ランディングに入ります。
此処だ~と後方に一気に後退すると、まだ巻き上げ不足で、魚は海の中、焦って巻き上げて、もう一度後方にダッシュ!今度は魚が揚がってきました。(^^)
思った通りサバ君でした。
e0066115_15543881.jpg
<

魚が陸に上がったとたんルアーが外れて、あわやナチュラルリリースに成る所を、ド級さんが足で押さえてくれました。
ありがと~(^-^)ノ

9時で朝のポイントは撤収し、西のポイントの様子を見た後、終了と致しました。
渋い中でも最後まで何が起きるか解らないと改めて実感する釣行でした。
又、経験不足から来るミスを無くす為にも、経験を、積み重ねる必要性が有る事を実感しました。

サーフ、又、行きま~す!!
[PR]
by uniglobe1 | 2006-05-16 17:40 | 釣り
<< 檜の香りが良い感じ~ 未知との遭遇 >>