未知との遭遇


2006年5月15日 月曜日 4:30~2:30
月齢17 中潮 水温17.9℃


昨日の釣果報告から、今朝はかなり期待して、久しぶりに大きいクーラーボックスを持ち出しました。
ベットボトル氷も作って、鮮度管理は万全です。(^^)
後は、釣るだけ~

段取りに手間取って、磯に到着したのは、もう空が白み始めた、4時過ぎでした。
磯に降り立つと、何時もの場所にド級さんが居ました。
ド級さんも大きなクーラーボックスを今日は持ってきています。
考える事は、同じですね~
声を掛けて、隣に荷物を置いてまずは一服。

タックルを段取って、磯の中央部に立つと、海は、波予報1mだったのに、予報と違って、かなりうねりが有ります。
風も弱いはずでしたが、右後方から北風がそれなりの強さで吹いています。
天気予報は余り当てにならないですね(^^;)

追い風に乗せて、キャスト~
今日も前回同様、サバ用3本針のサビキを付けたジグサビキ。
仕掛け全長が短いので、キャストフィールはルアーのみの状態と殆ど変わらないです。
これで、ド級さんやたろパパさんの様に、サバの一荷を狙います(^^)

ベイトのカタクチ君は相変わらず健在で、サビキやアシストフックにひっきりなしに掛かってきます。
南蛮漬け用に、10匹少々を確保した後は全てリリース!
だって、今日は、大物狙いなんです!
リリースを続けながら、キャストを繰り返します。

5時を廻って、良い時間に入って来ているかとは思うのですが、釣れるのはカタクチだけで、サバの反応は有りません。
ド級さんも同じ状況の様です。
昨日はだいぶ良かった様な情報が入っていましたが、今日は?あれれ・・・
又何時もの、一匹を絞り出す釣りに成って仕舞いそうです。

そんな中、静寂を破ったのは、やはりド級さんでした。
右隣で投げていた、ド級さんに、かなり大物をヒット!
ロッドを大きく曲げながら揚がってきたのは、なんとシーバスでした。
運悪く、抜き揚げる前にうねりに持ち上げられてフックアウトしてしまいましたが、60アップのシーバスは間違い無さそうでした。

自分も負けては居られないので、キャストし続けます。
そして、ついに来ました!
かなり沖目でのヒット!前回以上の引き、とゆうよりレベルが違います。
寄せては来れるのですが、魚が浮いてきません!底にへばりつこうとしてるかの様な状態です。
自分の釣り歴の中では、過去に無い引き味で、まさに未知との遭遇です。
少し弱った所で、根際をかわし、何とか浮いてきました。
狙っていたけれど、これはビックリ!サバ君の一荷だったんです。
ラインを持って抜き上げ!
揚がってきたのは、真鯖43.5cm、39.5cmです。
e0066115_15513393.jpg

ちょっと嬉し~(^^)
渋い中でも、狙い通りゲット出来ました。

釣果を揚げられて、安心しては居られません。
クーラーボックスは大きいのです。
次を狙って投げ続けます。
キャスト~・・・・・・

周りでも、ぼちぼちは揚がっているのですが、2ヒット目がないまま時間が経過していきます。
気が付くと、時刻はもう10時、潮もかなり引いてしまいました。
海峡は、潮目が出てまだ良い感じなのに、当たりはありません。
ここらでちょっと、違う事をしてみようと思いました。
バイブサビキです。(^^)
ジグを外して、レンジバイブを装着。

キャスト~・・・ジグに比べると飛距離は出ませんね。
ロッドを立てて、底を取ってからリーリングを開始します。
竿先から伝わる振動を感じていると、いきなりガツンと来ました。
ヒット!
合わせを入れると、竿先から強力な引きが伝わってきます。
ロッドは大きく弓なりになって、先ほどのサバ一荷以上の引き!、強力に首を振って糸が出ていきます。
本日2度目の未知との遭遇です。(^^;)
ドラグをかなり締め、何とか寄せては来たのですが、やはり浮いて来ません。
潮位がかなり下がっているので、ランディングもきつい状態です。
根際まで来て、膠着状態に成って仕舞いました。
ラインを出して、泳がせるか?ドラグを更に締めて勝負に出るか?決断をするのが少し遅すぎました。
ドラグを締めて、強引に巻き上げると、根でラインがこすれたのか、ラインブレイクして仕舞いました。(T_T)
掛かった魚の姿だけでも拝みたかったです。
残念!
残念だぁ~~~~!

暫くは、頑張って投げ続けたのですが、その後は当たり無く終了!
昼には、のんびりビール飲みながら談笑して、楽しかったです。
ド級さんは、なんか厄日だった様だけど、気持ち切り替えて、明日も頑張りましょう。
でも寝る時間無いな~(^^;)
[PR]
by uniglobe1 | 2006-05-15 22:56 | 釣り
<< 撃沈!? 先を越されない様に! >>