痛恨のバラシ!でも・・・

江ノ島裏磯
2006年2月14日 火曜日 6:00~10:45
月齢15 大潮 水温12℃


どうも最近、魚を釣り揚げれて居ないせいで、ルアーを投げていても、魚が釣れる気がしません。
だからと言って、竿出さなければ釣れる訳もないので、ちょっと今は耐え処なのかな~と思ってたりします。

今朝は、サーフでは無く、裏磯に行く事にしました。
詳細は判っては居ないのですが、昨日の裏磯でド級さんが60アップのシーバスを揚げて居るとのこと。
渋い状況は変わっては居ないと思うのですが、釣る人は、ワンチャンスを必ず物にすると感じています。
自分には出来るか?
今ひとつ自信が無いながらも、今の自分があるのは裏磯デビューした昨年の7月にあるので、なんとか、釣り上げたい物です。

4時位から竿出す積もりだったのに、寝坊してしまいました。
6時過ぎに裏磯に入るとボラ場には人が居ません?
船着き場には、ルアーマンが1人?(火曜日常連のまっちゃんです。)
あまり芳しく無い様です。

割れ磯からルアーを投げ続けますが反応は無し。
しかし、シーバスのライズと小さいながらもボイル有り!やる気にさせます。
岸際でライズするのはかなり小さめのセイゴクラスですが、40~50m沖で散発的にボイルするのは、フッコクラス以上の様です。

明るくなってからも、諦めることなく投げ続けていると、岸から40メートm位の処をリーリング中にヒット!
右手だけで竿を支えるのが辛く、ロッドエンドを腰に、それなりの大きさが竿先から伝わってきます。
久しぶりのお魚なのに妙に落ち着いて居る自分が其処には居て、その事がちょっと意外でした。
潮位もまだ高いからランディングは問題無しなどと考えて居ると、手前10m位の処で、えら洗い一発!あっ!テンションが~・・・・抜けました。(TT)
悲しすぎる!痛恨のバラシ!
神様がくれたワンチャンスを物に出来ませんでした。
見た目と引きから50~60は有ったのにランディングまでは至らず。残念!
涙~

気をとり直して投げ続けますが、この渋い状況下で2度目のチャンスは、なかなかやって来てはくれない物です。
はぁ~俺ってこんなもんですか~とかなり落ち込んでしまいました。
でも諦めきれないです。
魚道が有ると思われる当たりに向かって黙々とキャスト~

投げ続けていると船着き場のヘチ際に巨大な魚影が見えます。(^^)?
ゆうに1m以上有る其奴は割れ磯に移動、追いかけて観ていると、今度は又船着き場に戻って来ました。
これは有る意味チャンス?”スレでも良いから狙って投げてみるか”と巨大な其奴に向かってキャスト。
一投目でフッキング(@@)
いきなり、ロッドは弓なり、ドラグは締めて居るにも関わらず、ラインは出る一方!
根に潜る様では無いので、まだ良いのですが、巻いて距離を保つのがやっとで、さっぱり寄せれません。
ラインもやばいですが、ロッドもやばそう!耐久性能テストしてる様です。
船着き場のヘチ際に逃げ込もうとしている所で、そばにいたおじさんがタモ出してくれました。
何とかランディング。
でっかい其奴の正体は・・・
e0066115_16113087.jpg

サバ・・・じゃなくってサメでした。
尾長サメって言うみたいです。
確かに尾っぽだけで1m位は有ります。
muminに電話して調べて貰ったら、食べられるらしいです。
悩んだけれど、話の種にキープしちゃいました。でかっ!
e0066115_1620364.jpg

結構かわいい目をしています。
シーバスをバラシて居なければ捕まる事もなかったと思うと少しかわいそうな気もします。
そのままでは持ち帰れないので、解体する事にしました。
持った感じだと10kg位かな?(冷静に考えると5㎏位なのかも?)
三枚に卸して半身はまっちゃんに持って帰ってもらいました。(^^)
ひれと残りの半身を持ち帰ったのでどうやって食べようかこれから調べます。

本命はバラシに終わったけど、まっいっか! 
シー様狙って、又行くど~
[PR]
by uniglobe1 | 2006-02-14 16:15 | 釣り
<< サメ君のその後 大潮です。 >>