CPS現場復帰

西湘サーフ(東側)
2006年1月28日 土曜日 24:00~27:00
月齢28 中潮 水温?


干潮前には、サーフに入る予定だったのだけど、家庭の事情でだいぶ遅れた上に、駐車場で片付けをしていたルアーマンとお話しをしたので、結局24時に成ってしまいました。(TT)
サーフに降り立つと、海は干潮からの波立ちとは、この事かとゆう様な状態で、時折背丈を超える波しぶきが上がっていました。

久しぶりにCPSを持って行ったのですが、やっぱり飛びます!
(ブルースコード115Cを付けて、バイオの5000で巻数100を超えて行きました。)
CPSは昨年末に、キャスト中にジョイント部から外れ、1㎝位のクラックが入ってしまったので、クラック部分の下巻をほどいてケプラー糸等で補強後、エポキシで再コーティングを施したのです。
補修後初の現場復帰なのでした。(^^)

此処の処、当たりすら無い状態が続いて、巻き上げ中にルアーがベイトに当たる感触なども全く無かったので、今日はより遠くへ、より広く探ったのですが、反応は出せませんでした。

潮が引いているせいで、波打ち際の変化は少なかったのですが、波の立ち方で、掛け上がりの急な所とそうで無い所はよく判ったので、次ぎに繋げたいです。

3時の時点でこれ以上引っ張ると朝まで居かねないので、さすがに終了と致しました。
又、月曜の晩にでも行ってみます。
[PR]
by uniglobe1 | 2006-01-29 12:52 | 釣り
<< 防寒対策 月の夜、星の朝 >>