鳥山立つ

江ノ島裏磯
2005年11月10日 木曜日 5:45~12:00


毎年この時期は仕事が激暇になる。
例年だったら”売り上げが足りない~”と大騒ぎして、仕事暇な割にはバタバタしていたのだけど、今年はチョッと超越して少し気楽に行こうかと思っている。
そんな訳で、定休日でもないのに今日はお休みにして、釣りに行っちゃう事にしました。

裏磯に5時半に入るとまだ真っ暗。
東の空が曇っているのもあってか、明るく成るのがずいぶんと遅い。
暗いと怖いけど、しょうがないのでヘッドライト付けて仕掛けの準備をする。

ボラ場右角にて、まずはお決まりの投げサビキから始める。
風が少し有るけど投げるに困るほどではない。
開始早々、ボラ場左でルアーかワームを投げているおじさんは、アジらしき物体を釣り上げるが、自分はいくら投げても反応なし(T.T)
釣り人少なく(ボラ場は2人、大平1人)、余りこの所つれてないのかな~などと考えてしまう。
しばらく投げ続けて、やっと、生命反応、アジやウルメとはチョッと違うけど・・・
(゜0゜)ハア??き・君かい!
e0066115_121811.jpg
裏磯で初物のダツ君でした。
その後は何も釣れず、隣のおじさんは3匹ぐらい釣って大平に移動しました。
アジは投げサビキよりワームの方が良いのかな?
次来る時は、メバタックルも持ってこよっと。

6時半位に、小魚の逃げナブラが出始めたので、投げサビキを終了してジグにチェンジする。
人が居ないので、ボラ場で投げ続けるが8時を回っても反応なし。
今日は投げ続けるぞ~と気合は十分、昼まで集中して投げ続けるつもりなので、船着場へと移動する。
大黒左端に入りキャストし続ける。
人が少なく、広く探れるのだが反応無し。
相変わらず、小魚の逃げナブラは散発的に起きるが、追っているのがメッキなのか掛かりはしない。
向こうに見えるボラ場でも魚は揚がって無い様だ。
朝の雲もすっかり無くなって、風も収まり、ポカポカ陽気の絶好の釣り日和なのにな~

時々休憩取りながら投げ続けていると、船着き場前方で大きなナブラ!
投げるスペースが無かったので見ていたが、だいぶ離れていて誰も獲れず。
シーラのナブラとみんなは言ってたけど、よく判らんかった?
ナブラ見て魚判るほど経験無いからな~・・・
その後、ルアーマン何人かは、割れ磯方面に移動。
その後も自分は、船着き場で投げ続けていると今度は割れ磯正面に鳥山出現。
魚が水面に体を捻って現れ補食して居るのがそこら中に見えます。\(゚o゚;)/ウヒャー
船着き場に残っていた方(後で、鮪さんと判明(^^))と一緒にジグをキャストしまくり~
でも釣れません。(T.T)
船着き場角からフルキャストすればナブラの角に何とか届く距離なので、いい線通して居るはずなのに、お魚掛かりません???
割れ磯からも同じ状態で、みんな首をひねってます。
じばらく鳥山が立ち続けたのですが、最後まで誰にもお魚掛かりませんでした。
銀色の魚体はフッコの様に感じましたが、お魚が揚がって無いのでよく判らず仕舞いでした。
鳥山が消えた後、丘からも見える位置だったので、漁船が出没して円く網を打ち帰って行きましたが、再び現れる事はなく、トローリングをしていた小型漁船も何も取れずに帰っていきました。
お魚何だったんでしょう?
その後暫く経って、再び鳥山出現するも結局釣れず仕舞い。
最後に船着き場正面でもえらい近くに鳥山出現したのですが、鳥を釣ちゃいそうな位、鳥だらけで思い切り投げまくれず、お魚最後まで判らなかったです。(/。\)フゥ~

12時をもって終了にする事に、帰り間際も割れ磯正面で散発的にナブラが立っています。
”夕マズメ狙えば釣れるかな~”などと考えながら釣り場を後にしました。


朝の富士山は、やたら綺麗だった!
e0066115_131424.jpg

[PR]
by uniglobe1 | 2005-11-11 11:32 | 釣り
<< 再び、お坊様で御座います。 お坊様で御座います。 >>