初体験、西湘サーフにて

西湘サーフ(西側)
2005年11月2日 水曜日 11:45~17:30


目が覚めると時計は5時15分。
昨日は午後から仕事したので、今日は一日お休みをとった。
今日は何処行こう・・・
裏磯だと、朝一投げサビキした後が続かない、イナダは居そうにないし、ソーダは数も少ない。
船着場でルアー、弓角とゆう手も有るが・・・
結局、悩んだ揚句、朝はのんびりして、西湘サーフでルアー、弓角に決定!

二度寝した後、愛犬のトライを散歩に連れて行き、その後タックルを準備して家を出る。
のんびりしていたら、あっとゆうまに10時。
R134を西に向かい、コンビに寄ったりして時間が掛かり、釣り場に着いたのは12時15分前。

前回、初めて早朝に来たときは、釣り人が東側テトラ方面に固まっていたので、そっち方面がきっとポイントとして良しと見て、釣り座を確保する。
平日とはいえ、空いてるな~

今日は、newロッドcps102を竿おろし?早速、ジグを付けてキャストしてみる。
ワンキャスト目から良い感じ!
今まで使っていたシマノのarc1006より見た目は太いのに、しなやかな感じ。
繰り返しキャスト、やっぱり良い感じ。
スペック的にはかなり近いロッドだったので、違いが良く分からなかったら如何し様と思っていたけど、明らかに良い!
無駄な買い物になら無かったよ~(^o^)
でも、これじゃ、arcが無駄になってしまうかも・・・まっいっか。

今日は弓角がメイン、普段弓角パワーを見せられているだけに、期待が掛かります。
弓角は、7月に裏磯でショゴを釣って以来使ってません。
キャストし始めて15分ぐらいで波裏に小魚が小さくナブラってます。
背びれを出して小魚を追いかけている魚が見えるじゃ有りませんか!
波打ち際にたち込んで斜めにキャスト・・・
反応ありません。
繰り返しキャスト・・・
反応ありません。
あ~離れていく・・・        長靴の中、ビチョビチョに成ってしまいました。(T.T)

小さなナブラは散発的に起きますが、反応無いか、移動が早すぎて狙えません。
でも、海に生命感があるのでキャストし続けれます。(^^)
30分おき位に、ジグと弓角を交互にキャストし続けます。
投げれば投げるほどにウエダのロッドの良さを感じます。
キャスティングが飛躍的に上手くなったとさえ感じてしまう程です。
実際、飛距離も1割以上伸びてます。

投げ続けて、投げ続けて、気がつくと、日が西に、大きく傾いて・・・
e0066115_2250233.jpg


海が黄昏色に染まっています。
日没までキャストしようと思ってきた今日、最後に良い物が見れました。
波打ち際から10メートル位の所で、そこらじゅうでナブラってます。
話には聞いていた波打ち際のナブラ、聞いていても(読んでいても)、見たのは初めて!
背びれを海面に出して追っている魚がすぐ其処に見えます。
ナブラ目掛けてキャストし続けます。
何度も何度も・・・

結局、お魚をのせることは出来ませんでしたが、帰り道は妙に清々しく、次へと続く釣りが出来たように感じました。

青物シーズン残り僅か、又作戦練って西湘サーフ行きます!!
[PR]
by uniglobe1 | 2005-11-02 23:23 | 釣り
<< シーバスを求めて。 さらに疲れた~ >>