久しぶりの裏磯。

江ノ島裏磯
2005年10月25日 火曜日 5:45~15:00


朝、5時半過ぎに裏磯に入る、釣り人が少なく空いている。
天気が良く、波も静か、潮も結構澄んでいて絶好の釣り日和。

朝一は、火曜日に何時も見かけるおじさんと2人並んで、投げサビキ。
おじさんもウルメ狙いだそうだ。
6時を過ぎた頃、プルプルと当たりが来るが巻き上げ中にロスト(T.T)
続けて、何度目かの当たりでやっとご対面。
聞いてはいたけど久しぶりのウルメ君は夏よりだいぶ大きくなっています。
背のブルーがほんとにキレイ!
その後も、一杯釣るつもりでさびき続けたのですが・・・釣れない?
結局、時合いは6時過ぎのわずか15分間位で、確保出来たのは一匹だけ。
一緒にやっていたおじさんも2尾だけだと、首を傾げています。
コマセを使えばもっと釣れるのかもしれないけど、さびいて釣る方が当たりが手元に来て自分は好きなので、カゴは付けずに投げサビキは終わりとしました。

6時半位に、ルアーへとチェンジする。
8時過ぎまでキャスティングするが、特に当たりもなくノーフィッシュ(T.T)
ベイトは沢山居るのだから、イナダ君食べに来てよ~
爆弾やカゴ釣りの方にも、青物は来ず、シマッ子だけがポツポツ釣れている状態。
船着き場に移動すればもっと続けられたけど、今日は冷凍庫に眠っていたコマセを消費しようと持ってきたので引っ張らずに終了とする。

爆弾に切り替え、サビキはハゲ皮、サバ皮のミックスサビキを使用。
コマセを詰めて一投目、すぐに浮きが消し込んだ。
竿からは、それなりの生命反応、苦せず上がってきたのは、初物のシマッ子でした。(^^)
e0066115_1425917.jpg

噂の塩焼き用とキープした後、続投するものの、またまた、反応が無くなった・・・
しょうがないので、カワハギ調査のあまりのアオイソメを付けエサにしてシマッ子3匹を追釣。
周りも付けエサしてる人だけがシマッ子を釣ってるぐらいで、ソーダの回遊もなく、まったり状態が続く。
そんな中、ソーダを最初に釣ったのは、ボラ場、大平中央にいた弓角のお兄ちゃん。
9月27日にも、ソーダを爆ってた彼です。
38cm位の太ったヒラです、釣り場に活気があふれますが、やっぱり後が続きません。
群れが小さいのか1時間に1匹程度誰かにソーダが掛かるだけです。
おじさん達はみんな”先週は良かったのに”と言っています。(・_・、)"又ですか・・・
まったり状態の中、なんと、再び弓角兄ちゃんが、ビックファイト!!
上がってきたのは、40cm位のイナダ~\(゚o゚;)/ウヒャー
沖の小さなナブラをねらい打ちしたそうな、すげ~ お兄ちゃん、弓角恐るべし!

でも後がまた続かず。
大きなソーダの回遊を待たずにコマセ切れしそうだったので、見晴亭に早めのお昼ご飯を食べに行くことに、初めて入ったけど、半端じゃ無く眺めが良くって、窓から入って来る風が気持ちよいです。
食事は海鮮を頼めばよいのに、いつもの癖でカツ丼注文、料金は¥800と良心的です。
食事の後、店のおばちゃんにまで、土曜日までは良く釣れてたよと言われました。(T.T)

食事の後はソーダ一本に絞って、サビキはカブラ針4本のサビキを使用。
昼を回って、帰る人もちらほらと、隣に荷物を置いていたおじいちゃんも帰るからとコマセくれました。おじいちゃん、有り難う。
コマセの心配も無くなり、釣り続けること2時間、やっと浮きが消し込みました。
合わせを入れて、巻き上げます。
久しぶりの良い引きです、軽くドラグが効き糸が出ていきます。
気持ちい~。
上がってきたのは、今更ですが初物の33cmのヒラソーダです。
e0066115_15455289.jpg

周りのおじさん何人かに、”おっ、若いにちゃんヒラ釣れたんだ~今日は一匹釣れれば上出来だよ!”などと声を掛けられ、此処では自分も兄ちゃん?なんだと認識。(⌒-⌒)
その後、追釣する事は出来ず、3時を持って終了としました。

イナダ、やっぱり数は出てないようですが、弓角兄ちゃんのお陰で良い物が見られました。
初物2ゲットとゆうことで本日もとあえず良し!
[PR]
by uniglobe1 | 2005-10-25 00:24 | 釣り
<< 煮豚じゃなくって。 西湘、デビュー? >>