現地調査

サービス業の宿命で日曜日はいつも仕事、今日も仕事だったけど、お休み釣行に備えて、朝一仕事前はカワハギくんの現地調査を、仕事から帰って夜はシー様の現地調査を実施しました。

前の晩、お酒を飲みながら、いつの間にか寝てしまい、3時起床予定が気が付くと5時過ぎ、短時間調査では緊張感が無いせいかやっぱり起きられんかった。
半夜釣り位の感覚で行ってこようと思っていたのに・・・

昨夜の雨も上がっていたので、様子見だけでもしてこようと決め、クーラーボックスも持たず、バッカンと短竿一本だけ持って江ノ島へ向かう。
防波堤突端に着いたのは5時半、日曜日だからか、天気悪いにもかかわらず防波堤は人がいっぱい居ます。
当然ねらっていた釣り座もすでに埋まっていて、入ろうと思えば入れなくもない隙間は有るのだけど、それが出来ないのが自分の性格でして、仕方ないので岸壁側で調査を開始。
北風強、潮は目茶濁っています。
先日作っておいた、胴突き仕掛けにアオイソメを小さくちぎって付け静かに投入、底を取って竿でききます。
しばらく待ってもあたりが有りません、えさも無くならない・・・   
こんなはずでは・・・時間無いのに~(T.T)

灯台下では、トリックサビキのおじさんがシマッ子をぼちぼち釣っています。
カワハギ狙いのおねえさんは、ゴンズイを一荷で上げました。
カワハギは釣れていません。

30分粘ってから、見切りを付けて灯台側堤防へ移動、空いていたテラスからやってみます。
こちらでも同じに反応有りません・・・やはりえさも無くならないです。
15分様子見て終了することにしました。

竿を片づけて、後は入りたかった釣り座の見学です。
小さいカワハギが、ぽつぽつ釣れています。
灯台下でカワハギ釣れているのは、入りたかった釣り場でやっているおじさん一人だけです。
仕掛けは、集魚板なしのシンプルな胴突き2本バリで、カラマズピーズのようなのを使ってます。エサは虫餌をちぎって小さく付けているようです。

伊豆の海で素潜りして遊んだ時にカワハギを銛で突いて捕った事が有るのだけれど、魚の居る場所は限られたポイントだけで、居ないところには当然全く居ず、ポイント直撃の重要性を感じたことがありました。
春に、灯台下でウミタナゴを釣りに来た時も、よく釣れるポイント限られていた記憶があります。

あそこでやりたかったな~
本番では、早起きして座を確保しよっと。
7時まで見学して撤収しました。

夜の部
食事を済ませた後、9時半から引地川、片瀬川河口をルアーで調査。
今年は、シー様魚影が濃いとゆう話をよく聞くけど、考えてみたら相模湾でシーバス釣ったことまだ無い私、何とか釣りたいなと思っています。
12時まで投げ続けましたが、あたりが一回有ったのみで、魚の姿は拝めませんでした。
やっぱり、通わないとダメな感じがします。
又行きます。
[PR]
by uniglobe1 | 2005-10-17 00:39 | 釣り
<< ちょっと時間が出来たので。 カワハギのお刺身、肝醤油で食べたい。 >>