ツインパ、クロスギア軸受ベアリング化

先日のバイオの改造に引き継いで、03ツインパのベアリングの増設をしました。
02以降のバイオやアルテ、ツインパはクロスギアとピニオンギアの間に中間ギアがあるため95バイオほどフリクションの低下は期待できないものの、せっかくベアリングを取り寄せたので、取り付けることにしました。

今回のツインパは、クロスギア軸リヤブッシュが前回のバイオと同じ3*6*3.3なので特に問題は無いのですが、フロント側のブッシュが段付テーパーになっており、ボディー側の穴形状も6.5~7mmと異型なので、3*6*2.5のベアリングは使えません、ボディー側を7mmストレート穴にドリルでもんで、3*7*3のベアリングを使用します。
フロント部、7mm径が深さ5mmほど間であるので、ハンドドリルでもそれなりに心は出るかと思います。

e0066115_11352240.jpgクロスギアフロントブッシュは、中間ギアとのクリアランスが無いために、こんな形状をしています。ベアリングと中間ギアをかわすためのカラー及びクロスギア、カラー間に入れるワシャーの厚み分短く加工します。



e0066115_15101881.jpg内径3mmのカラーは、ちょうど良いものが手に入らなかったので、ステンレス製のテレビ用バーアンテナを切って代用とします。3.1*3.6*5の寸法でカットしました。




e0066115_1516780.jpge0066115_1516285.jpg加工後のブッシュとカラーです。





e0066115_15181771.jpgクロスギア軸の部品がそろいました。
グリスアップしてシム調整しながら組み込んで完成です。
ハンドドリル、金ノコ、ヤスリ、ノギスがあれば割と簡単に誰でもベアリング追加加工できると思います。




e0066115_1524546.jpg完成品です。当たり前ですが外観からはまったく分かりません。バイオマスターを加工したときより、ノーマルとの差はあまり出ませんでした。
ほとんど、自己満足の世界ですね!
[PR]
by uniglobe1 | 2005-10-12 15:27 | 釣り
<< カワハギのお刺身、肝醤油で食べたい。 いまだに、何もとれず! >>