湘南シーバス

fimoに参加するようになって近隣他県の状況を前以上に肌身に感じる事が出来る様に成りました。
正直、東京湾奥や千葉エリア、ブロック外ですが駿河湾静岡エリアとの相模湾のポテンシャルの違いをまざまざと感じて居ます。
地元では60アップを取る以前にシーバスをキャッチする事自体が難しく、1ヵ月水揚げがなくてもおかしな事ではありません。
シーバスの居るエリアを的確に掴み、時合いを捉えなければバイトすら得られない釣行が続くので、みんなギリギリの精神状態で魚を求めて釣行を続けて居ます。
”湘南シーバス10日に一匹”と良く言われますが、正直キャッチ出来たとしても次のキャッチが10日経っても全く約束されて居ないのが現状です。
魚影が薄いのだからしょうがないのですが、年末には見事な魚体をしたシーバスがキャッチ出来る時期も有り、湘南・相模湾エリアならではの釣りを展開して他地域に負けない良い魚をアップして行きたいと思っています。



10月3日 湘南サーフ

仕事帰りに少しの時間でも竿を出そうとこの処のサーフエリアに寄ってみた。
シーバスの居場所は掴んで居ながらも結果を残せなければ何も言う事が出来ないのが現状。
10月に入ったこの時期、シーバスの着き場はどんどん変わって行くので上手くとらえなければ結果など絶対出ないのは此処数年で痛いほど感じている。
ただ、シーバスを始めたころに比べて今は情報をイーブンでシェア出来る仲間が増えた事が間違いなく結果に近づく事を容易にしてくれている。
仲間の存在はホントに有りがたいものです。
だからこそ結果が欲しい物ですが、こればかりは自然相手の遊び、相手有っての事なので最終的にはチャンスを待つ事しか出来ないのが正直なところ・・・

潮位と波立ちからエントリーポイントを絞り込んだ。
チャンスは下げの効いている日没直後。
時間回遊と踏んでいる個体をベイトパターンを想定した表層を意識した釣りでキャッチする事が目標。

狙った回遊タイミングを待ちながらガロンを流れに乗せてドリフトさせて行く。

もともと湘南のイカパターンと落ちアユを想定してのルアーだったが、いなっ子などのベイトパターンのサーフエリアの流れの釣りにも向いている事が先日の釣行で感じる事が出来た。

”トップの力”信じてますか?

カレントの流れに載せて巻かずにドリフトさせて行く。

フローティングミノーをトップルアーとして浮かせ、時々掛るラインテンションとウネリでイレギュラーな動きを演出する。

早巻きを主体とした自分の釣りがこの処の釣行で新しい展開を見せて居ます。

ガロンの表層でのアピールが効いたのか、予定通りの時間にファーストヒットを拾う。
e0066115_1475860.jpg

サイズは61cm
反応が有るかどうかは判らなかっただけに嬉しいながらも、この程度では満足は出来ない。
写真撮影後、追釣を狙う。
っと言いても反応が出るとは思えなかったのだが・・・

しかし、湘南サーフ良い季節が来たのかもしれない。
いろんなポイントをサーチして、良型のシーバスが入って居る事は判っていたがバイトしてくるとは・・・
そして、チャンスはやって来た。
e0066115_1494762.jpg

86cm 4,6kg
久し振りのランカーキャッチ。
ガロンで連発。

久し振りのランカーキャッチに体は妙な震えが来ているし、アドレナリンは溢れっぱなし・・・
正直追釣どころではないのだが、釣れない状況に慣れているだけにチャンスタイムをほっておくわけにはいかなかった。

3ヒット目は少し無欲な67cm
有りがたい一本。
e0066115_1512646.jpg

その後、びっくりな90アップのサメなどもヒットしたが時間が来たので終了とした。
今夜は良い仕事出来た気がして晩酌が進みますね~

最後に物持ち!
e0066115_1521537.jpg

飲みすぎ注意!
[PR]
by uniglobe1 | 2010-10-03 23:59 | 釣り
<< 再検証 外道ですが・・・ >>