パラダイスは何処?

週一の伊豆遠征も残り僅かに成って来た。
今週は月曜日は磯でサラシを撃ち、翌火曜日はゴロタ浜をランガンした。
ゴロタ浜のランガンは初の試み、偵察で何場所か覗いては居たが、実釣は今回が初めてだった。

早く結果に辿り着きたいと思うがそうそう簡単な事では無ようだ。
普段から湘南で渋い状況におかれている事が多いのだから、”何も好き好んで釣れない釣りをする事は無いんじゃないか・・・”などと思う事もあるが、これも性だからしょうがない事だろう。
結果はともあれ、ひたすら精進有るのみ!かな?


6月19日 湘南 磯
南風が入り波高だった海も夕方少し落ち着いて来た。
仕事で湘南に来ていた釣友の関さんと一緒にヒラ狙いで地元の磯場に夕マズメエントリーした。
地元の磯場は丸スズキのみならず、ヒラスズキも時期によってはかなりの数がだが、サイズはやっぱり40cm台がほとんどの様ではある。
e0066115_9424611.jpg

磯は冠水状態であったが、高いうねりのお陰でサラシは十分な量が広がっていた。
過去にヒットしたポイントや話に聞いたヒットゾーン、此処は良いでしょう!と思う処をたたき続けるも反応は得られず。
期待を持たせる乳白色の海にルアーを泳がせ続けたが、全くのノーバイトで終了となった。

今後も湘南では数少ないヒラの出るポイントなので継続して調査してパターンなども掴んで行ければと思っている。


6月21日 伊豆 磯
思ったほどのうねりは入らなかったが、朝一のポイントはそこそこのサラシが出ていた。
セット間隔も少し長めだったのでルアーを泳がせやすい状況だった。

来るとしたら高確率な朝一の投げ始め直後、ルドラが結果を出してくれた。
フックをガマカツspMH4番に交換したルドラ130SP、最近やっと手に入れる事が出来たカラー、エメラルドシャッド。
サイズは何時も通りに小さなヒラであったが、まずは獲る事が1番!
全く反応を得る事が出来なかったとしても、少しもおかしくないだけに朝一の最初のサラシ場で釣れるのは有りがたい事だ。
サイズは44cm。
e0066115_9482140.jpg

何匹かは居るだろうと追釣とサイズアップを狙ったがその後は続かなかった。
相変わらず魚影は薄い。
沖の鳥は不在でベイトの存在を確認する事は出来なかった。

今朝も一場所で粘らず、明けの雰囲気の残って居るうちに即移動。
風当たり面を求めて、南から西方面へと移動しては見たが・・・
何処へ行っても今一つ、エントリールートを確認したりと開拓釣行となって仕舞った。
出来れば、開拓しながら尚かつ釣果を得て行きたいと思うのだが、なかなか上手くはいかない。
結局、15時まで彼方此方を見て回り、夕マズメ前に力尽きて終了としました。


6月22日 伊豆 ゴロタ浜
昨夜は、岬の駐車場で夕方から1人で宴会?して時間を潰した。
何人かでの遠征なら、釣り談議しながらの飲み会と成るのだろうけれど、一人きりでは小さなナビのテレビを見ながらの寂しいもの。
プチホームシックに成って仕舞いそうだが、目的を達するまでは我慢せねばと思っている。
残りも僅かな伊豆方面遠征だけに1釣行1釣行を大切にしなければならない。

今朝は初の試みでゴロタ浜をランガンしてみた。
深夜に久保田君が合流、仮眠後にポイント入りした。
e0066115_9511333.jpg

海は凪って居るのだが、岬の先端部は多少波当たりが強く場所によってはサラシが広がって居た。
チャンスは十分に有ったと思う。
思い描く、ヒットのイメージは何通りも作る事が出来た。
が、希望とは裏腹にノーバイトで終了となった。
[PR]
by uniglobe1 | 2010-06-28 09:52 | 釣り
<< 精霊の地へ再び 苦戦を強いられております。 >>