立夏

何時もの事だが良い状況はやはり長くは続かなかった。
好転する事を待ちながら通い続けた三浦磯では有ったが、結局状況は変わらず既に5月も後半戦に突入した。
もう次に進まなければ成らない。
ヒラスズキを探しての伊豆方面への遠征時期が今年も来た。
昨年から行き始めた伊豆磯でのヒラ狙いだが、今年は河口、ゴロタ場、サーフへとフィールドを広げて探索してみたいと思っている。
モチベーションを高く維持して通い続ければ、チャンスはきっと有ると信じている。


5月1日 三浦 磯
混雑を避けて何時もより少し離れた磯にエントリーした。
暗いうちから投げ始め、沖に横切る流れを目指してロングキャストを繰り返した。

回遊を上手い具合に拾って2キャッチに成功。
流れの速い海域で生息しているシーバスはサイズ以上に引きが強い。
e0066115_1650710.jpg

53cmと63cm、63cmはベイトを良く食べて居るのか身の厚い型の良い魚体をしていた。
5月の初物
e0066115_16504863.jpg



5月2日 三浦 磯
状況がそれほど良くないからか、日曜日の割には空いて居た磯だった。
反応は全く無く、とても出そうに無い雰囲気が・・・
無理に引っ張らず早い時間に撤収した。


5月3日 湘南 
午後 地元江ノ島でカヤックフィッシングを楽しんだ。
片瀬で知り合った松さんのショップでレンタルカヤックを借りてのエントリー。
e0066115_16575244.jpg

天ぷらネタを確保する目的だったが、南風による波で思った様には行かず早々にリタイアする事に成った。
今回はチョイ投げでのシロギス狙いだったが、時期を選べば青物やシーバスを効率よく釣る事も可能だと感じている。
折角、海の側に暮らしているのだから自分用のカヤックを用意しても良いかも知れないと感じた。

松さんのブログとリンクしました。
同い年ながら連日釣行を重ねるアクティブな彼です。
負けじと自分も頑張ります!
湘南Banzai Life


5月5、6日 三浦 磯
あれこれ作戦を練って行ったのだが、まるっきりのノーバイトで終了。
状況が好転するとはとても思えないとゆうのが、正直な処・・・


5月7、8日 湘南 磯
気分を変えて地元の磯を覗いてみた。
シーバスが出ている話は有ったのだが、当然伝わる頃には終わっているのが当たり前の事。
ジグサビキを楽しみながら、アンチョビの仕込をするのが本命の釣行!
ただ、意外な処にチャンスは有る物です。
ウネリが入っていた磯際は少ないながらもサラシが広がっていた。
e0066115_1744060.jpg

小さいながらも今年初のヒラをゲット。
ナバロンでバイトを引き出し、裂波120で乗せた。
小さいながらも思ったトレースラインで出せたからそれなりの満足感を得る事は出来た。

e0066115_17151165.jpg
カタクチイワシ以上に小サバが多く、ネタに関しては必要量を確保する事が出来なかった。
タイミングを見ながら又遊びに行く積りだ。


5月10日 三浦 磯
遂に今期初の真サバをゲット!
釣りたかったとゆうよりも正確には食べたかった!
e0066115_1715405.jpg

少し残念だったのは46cmのサイズながらも横断面は丸いサバ、欲しかったのは平べったい体高のあるサバ。
脂ののりが全く違うのは写真でも良く判る。
e0066115_1717630.jpg

されど青魚、美味しい事には変わり無い。
海の幸を頂く良い季節が来た様ですね。


5月12、13日 三浦 磯
場所限定、飛距離限定で回遊は有り。
しかし、求めている物とはまた違う。
12日 2ゲット
e0066115_17235564.jpg

13日 1ゲット
e0066115_1724448.jpg

欲しいのは釣果か?それ以外か?
あれこれ想いながら、次への展開を既に求めている自分自身を感じる。


5月16、18日 三浦 磯
見事なまでに反応は無く、自分自身今シーズン春の三浦磯は終了。
同じ釣れないなら次へと続く釣りがしたい。
5月終盤は伊豆方面を中心に展開を進めて行きたい。
[PR]
by uniglobe1 | 2010-05-22 17:26 | 釣り
<< イワシ漁 鳥山立つ >>