春磯 序

前回の更新からバタバタと気が付けばもう2週間が経過、年間を通しても最も厳しい3月が終わり4月も半ばに入った。
良い状況はもう直ぐ其処まで来ている。

カタクチをキーワードにした宝探しはもう始まっている。


4月4日 湘南 磯
湘南エリアはシーバスが少ないとは言え、この時期磯場には良い状況が少なからず訪れるはず。
キーワードはイワシの大量接岸。
今現在、少量ではあるがイワシが磯場に接岸しているらしい。
ベイトと言ってしまえばそれまでだが、アンチョビの仕込みも今年はしたいと思っているのでイワシの動向は気になる処。
気になりだしたら即行動、確認に行く事にした。

仕事前、タックルは磯竿にSW4000HG、仕掛けはジグサビキと変な組み合わせの道具立てで早朝に覗いてみた。
手製の10本針の白皮のサビキを遠投してロッドで聴き続ける。
極端にあおる事などしなくても軽くさびいて来るだけで魚皮はシラスを演出してくれる。
さんざん通ったポイントだけに立ち位置に立てば最近はあまりやらなくなった釣りとはいえ違和感無くポイントに溶け込める。

遠くの水平線を眺めながら気持ちの良い時間を過ごせた。

釣果はカタクチ3匹。
e0066115_238493.jpg

明るくなって小一時間経ってからの回遊だった。
まだまだこれからだが、例年通りの展開に安心する。

磯場からの帰り道、すれ違う年配の釣り人の方と挨拶を交わす。
”イワシが入って来てますよ。”と伝えると不思議そうに”ルアー釣りでしょ?"と言われた。
”今朝はルアーで無く投げサビキです。”とこたえ”釣果はイワシ3匹”を伝えると釣り人はにこにこと笑っていた。


4月5日 
朝 三浦 磯
休み前日だが午前中は仕事に空きが有ったので先日の磯場へエントリーしてみた。
多少期待はしていたが、良い処無く時間いっぱいで終了。
前回もイージーな状況では無かった事を今更ながら思い出す。
シーバスの量は少なくベイトの気配も少ない。
釣友のA君を残し磯場を後にした。
釣果は無かったが知り合いの方が今日も増えた。
自分よりだいぶ年上の方だが釣りは年齢を越えて共に楽しむ事が出来ると改めて感じる。
明日釣行を同行する予定のS君は高校を出たばかり、自分の子供だったとしてもおかしくはない年ではあるが、アングラーとしては実にイーブンだと思っている。

夕 伊豆 河口 
午後からの仕事を終わらせて今度は西に向かってみる。
夕方、日没直後から21時までの限定ではあるが河口がらみの小サーフでヒラスズキを狙う。

なかなかチャンスは来なくても待ち続ける事が出来さえすれば、きっとチャンスはやって来る。
始めたころに比べて何よりも成長したのは待てる事なのかも知れない。

湘南の釣りの鉄則は待ち続ける事。
たとえ一晩中でも待ち続ける事が出来るならば釣れる確率は一気に上がる。
しかし、体力的にも精神的にもなかなかキツイ事ではある。
でも、ノーバイトにもめげずにサーフをランガンし続けた事は今の自分にとって無駄には成っていないと思う。

しかし、今夜も現れず。
制限時間いっぱい投げ続け、ノーバイトで釣り場を後にした。


4月6日 三浦 磯
釣友のS君と三浦の磯を2場所ほどまわって来た。
朝入った磯はベイトの気配も無く当然ボイル等も無く、まだまだ春磯の開幕を感じる事は出来なかった。
2場所目は昨日の磯に再びエントリー。
しかし、上手く行かない時は全く上手く行かない物だ。
ワンバイトも拾えず撃沈で終了。
全くシーバスが居なかったのかと言えばそんな事は無く、同行したS君は4キャッチ。
良い時も有り・・・
悪い時も有り・・・
これもまた釣りなり!


4月8日 横浜港湾部
年末のポイントで知り合いになった松山さんと一緒にチャーター船でナイトゲームに出た。
ボートシーバスは昨年2度程度は出たが、ナイトゲームは初めての体験だった。
ストラクチャーに付いたシーバスなどを転々と移動しながら拾い釣りをして最終的には15匹前後をキャッチ。
サイズは出なかったが、久しぶりの船からの釣りを楽しんだ。


4月11日 
朝、三浦 磯
気になる事が有り、仕事前であったが磯場を覗きに行った。
ベイトの気配を感じる事は出来なかったが、2度ほどボイルを目撃。
やる気のあるのを拾うべく遠投したがキャッチに成功したのは隣のアングラーだった・・・

磯は立ち位置によって釣果が偏る事は良く分かっているがそれだからと言って納得は出来ない。
状況を正確に把握しているアングラーの方が有利であり、残念な事だが自分は完全に後手に回ってしまった。
それでも何とか青龍をテロテロと投げ続け一本拾う事に成功した。
e0066115_22575046.jpg

57㎝フッコサイズだがありがたい1本だった。

春磯、開幕か?


夕 伊豆 河口
仕事を済ませ夕マズメは先日の河口絡みの小サーフへ。
再び、明るいうちから投げ続け、心を無にして投げ続けた。
時折、セットで入って来る巨大な波に神経をすり減らしながらも集中して無心に投げ続けた。
結果、1バラシで終了。

手前でのヒットがなかなか発生しないので気持ちを沖に切り替え投げ始めた数投目のヒットだった。
リールリングが一瞬止まり、”巻けない?根掛り?ヒット?”頭の中を駆け巡った。
合わせを入れて絞り込まれたロッドから伝わる生命感と共に沖での激しいエラ洗い!

エラ洗い2発目でフックアウト!

反応が出たのはこれ一回。
チャンスをものに出来なかった事が悔やまれる。


4月12日 
三浦 磯
強風で荒れる磯にエントリー。
平日で有るうえに強風、風波では流石に釣り人少なく良い塩梅だった。
本来、このシチュエーションで使用する予定のウインドストームがガイド交換で無いためウエダのCPS962EX-TIを使用した。
悪条件下では余裕のあるタックルセッティングが求められる。
Max30gのロッドでは背負えるルアーにも限りが有り苦戦させられたが、良い流れを掴むパターンを見出してポイントを移動しながら拾い釣りする事が出来た。
e0066115_2315138.jpg

67cm、67cm、58cm、と海では1月以来久しぶりの3本抜きを達成。
サイズは出なかったが悪条件下だっただけに満足の行く結果だった。


伊豆 磯
2場所目に予定したポイントにエントリー出来なかったので予定を急遽変更、伊豆方面へ向かう事にした。
かねてから訪れていたポイントでは有るが入った事のないエリアにエントリーしてみたかったから。
海は東からウネリガ入り磯場はさらしていた。
e0066115_2332020.jpg

潮位を見ながらしばらく探索してみたがなんとなく出る気はしなかった。
タイミングを見て場所を移動。
その後2場所ほど見て回ったがノーバイトで終了となった。


4月13日 三浦 磯
陽一さんとデーゲームで磯遊び。
朝一、ワンキャスト目でヒットを拾うがその後は全くノーバイト。
e0066115_2352122.jpg

64cm、運よく拾った体型の綺麗なシーバスだった。

釣りも早々に切り上げ磯遊びをして昼間を過ごしたが、”我ながらよく遊んでいる!”と変な関心をしたりして・・・

釣りは今一だったけど、陽一さんも磯遊びを満喫出来て楽しそうでした。
[PR]
by uniglobe1 | 2010-04-14 23:06 | 釣り
<< 鱸のアクアパッツァ お騒がせして申しわけありません。 >>