「ほっ」と。キャンペーン

毎日毎日・・・

2月8日 相模川
休み前夜の釣りも連日通っている相模川からスタート。
数は出る物の今一つサイズが獲れてないのが現状。
この時期小さいシーバスが多いとはいえ希にスーパーランカーも出たりもするのでチャンスが無いわけでは無いでしょう。
拾い続けて行けばチャンスが来ると思っています。

日没直後の早い時間からキャストを始めた物の今夜は反応が今一つ。
浮いているシーバスは居ないのか?反応は無く、結局深い層を探るしか反応を得る事は出来ませんでした。
しかし活性が低いのかなんとかバイトを引き出す物の連続でばらしまくり。
やっとキャッチ出来たのは5ヒット目での事でした。
e0066115_1326095.jpg

23時近くまで粘って40cm、47cm、45cm、57cm、47cmの5本をキャッチ。
ヒットは11ヒットも有ったにも関わらず、寄せている最中のフックオフが多発してランディング出来た数は少なかったです。


2月9日 三浦 礒
イワシが寄って居る話が何場所かあったので周辺2場所を廻ってみた。
良いタイミングで南西風が入ったので正直かなり期待したのだが全くのノーバイト、キャッチには至らなかった。
釣行後は新場所の下見をした。
年末年始、自分は全くダメでしたが、その後の調べで獲って居る人は獲っていた様です。
まだまだ知識、経験不足はしょうがないとはいえ、今年の年末には少しでも追いつきたいな~っと思ってたりします。

ポイントの下見は良い感じに終了。
歩き回って疲れたけれど得た物は大きかった。
鳥が無数に飛んでいてベイトの存在を感じさせ、朝一此方に入って居たらば”反応を得る事が出来たかもしれない”と感じずには居られなかった。
e0066115_13263256.jpg

沖根も点在しており、かなりのうねりが入っても釣りをする事が出来そうで有った。


2月10日 相模川
仕事で年に一度有るか無いかの大きなトラブルが起こり参った1日だった。
だいぶブルーな気持ちなのだが無心に成りたく思いポイントへと足を運んだ。

活性は低くそれでも53cm、38cm、45cmをなんとかキャッチ。
e0066115_1327183.jpg

どのルアーも反応が無い中ローリングベイトがシーバスを引き出してくれた。


2月11日 相模川
雨。
ディープウエーディング時も考えてカッパは2重に重ねて着た。
雨が不快に成らない様に固めた装備でだいぶ着ぶくれたが、寒さは反応の有無以上に大敵なのでしょうがない。
ポイントに入ると北風強く、相模川は強い下げで激しく流れて居た。
重めのバイブレーションをテンションドリフトさせてボトムを探るが流れの速さと潮位から狙った泳層にはなかなか入れる事が出来なかった。
やっと反応が出たのは2時間ばかり経ってだいぶ水位が下がり、ルアーがボトムに届く様に成ってからの事だった。
ファーストヒットは寄せている最中にばれて仕舞ったが、時間を空けることなくもうワンヒットを拾えた。
e0066115_13273068.jpg

58cmとサイズ的にはもう一声欲しいが、久しぶりに唇の厚いシーバスにお目にかかれた。
その後も同じ様に狙い続けていると、今度は着水点でのテンションフォール中にヒット!
エラ洗いしない重々しい引きから良型を感じたので、ばらさない様に慎重に陸に戻ってランディングした。
e0066115_13275415.jpg

サイズは73cm、今年相模川では初の70アップでした。
悪条件下だからこその良型なのでしょう。
技術的にも去年やって来たボトムの釣りが自分の引き出しの1つに成った事を少し感じる事が出来ました。
この一本で今夜は満足して終了となりました。


2月13日 相模川
日付が変わった直後にエントリー。
2時間半ばかり川に浸かってみた。

上げの効き始めた川の流れは緩くルアーのコントロールはしやすかった。
反応はぼつぼつ有る物の相変わらず食いが悪いのかバラシが多発した。

2場所を移動して、最初のポイントで8ヒット4キャッチ(40cm、42cm、46cm、47cm)
2場所目では2ヒットを拾い、ランカーを期待させたキャッチ出来た1本はでかいコイだった。
今夜反応が出せたルアーはバリッドのみだった。
e0066115_13283190.jpg

[PR]
by uniglobe1 | 2010-02-13 13:32 | 釣り
<< 春は直ぐ其処。 コメント欄は字数制限が有るので... >>