「ほっ」と。キャンペーン

1月後半戦

新年早々良い状況に当たる事が出来たがやはり続くものでは無かった。
海の状況を見ながらチャンスを見て出撃してはいるがその後反応を得る事は出来ていない。
特殊条件下を待ちながら普段の釣りは相模川のウェーディング中心に過ごして居る。
3シーズン目の相模川のウェーディングゲームは常に通い続けて居る訳ではないが良いタイミングを逃さない様に楽しめたら良いと思っている。


1月18日 西湘サーフ
高校生の○水君と西湘方面を何場所か覗いてみた。
殆どやった事の無いAXヘッド+パワーシャッドでのヒラマゴ狙い。
真昼間にとても釣れる様な気はしなかったが、折角休みが取れたのだからと海へ出てみたのだが・・・
やはり全く反応は得られずマズメを待たずに夕方には撤収と成った。


1月19日 三浦 磯
海は凪って居たが明けの回遊を期待して潮通しの良い磯の先端で朝を待った。
明るくなり始めると気温が低いせいか、海からはもうもうと気嵐が立ち昇って幻想的な雰囲気と成った。
e0066115_1958244.jpg

思った通りに沖は潮が良い感じに流れていてシーバスの回遊を期待させたが、日が昇ってからもノーバイト。
結局そのまま終了と成った。


1月20日 相模川
タイミングを見計って”そろそろ・そろそろ”と参戦開始。
3月に入るまでは時間が有れば相模川でウェーディング、リバーシーバスを狙う。

今回は日没直後から満潮に掛けてのそれほど潮が動かない時間にエントリーした。
家庭の都合上余り引っ張る事は出来なかったが、上げどまり寸前でワンヒットを拾えた。
・・・がエラ荒いでフックオフ。
残念な結果になったが気を取り直して投げ続けていると再びヒットを拾う事が出来た。
e0066115_2002641.jpg

ヒットルアーはバリッド70、晩秋の湘南サーフでウェーディング用に用意していたものだ。
ウェーディング時の使い勝手は思った以上に良くこの先干潟のウェーディングゲームでも使う積もりで居る。

3ヒット目を拾う事は出来なかったが、幸先の良いスタートを切れたと感じた。


1月21日 三浦 磯
ウネリガ入った海へ早朝エントリーした。
仕事は有ったがそれほど忙しい訳では無かったので遅刻していく事にして無理やり時間を作った。
前回ベイトが寄った時とほぼ同条件だったので期待は大きく、正直鉄板ではと思ったのだが・・・
結局ノーバイトで撃沈。

海にはベイトの気配も薄く、鳥も少なかった。

夕方にも少しだけ覗いて見たがやはり何の反応も得る事は出来なかった。


1月22日 相模川
ナイトゲームで釣りが出来るのは家庭的には非常に助かる。
今夜も夕食後にお風呂に入ってからエントリーした。
潮の動きは良くは無いがチャンスは有るはず。
”獲れる時に獲っておくべき”毎度の事ながら畳み込み。

早いタイミングで小型のバイブに反応が出た。
40cm台前半の小さなシーバスだがまずは1本。
e0066115_2054274.jpg

2本目も40cm程度。
e0066115_2074043.jpg

3本目は45cm
e0066115_208741.jpg

最終的に5ヒットを拾う事が出来たがキャッチは3本、どのシーバスもボトムにべったりで浮いている事は無かった。
当然ミノー一辺倒な釣りではキャッチは出来ない魚。
海でのウェーディングゲームや河口域のバイブレーションゲームの経験が生きてボトムに対する感度は去年の1月よりはるかに良く成った様だ。。
どんな釣りも無駄には成らない事を感じ、”今年も経験を増やせると良いな~”と改めて感じた。


1月25日 相模川
夜19時前後にエントリーしたが反応はなかなか出なかった。
20時16分の干潮からの上げが狙い。
上げ潮に乗って入ってくるだろうシーバスの回遊を待った。

21時過ぎにヒットを拾うもランディング前にフックオフ。
キャッチ出来ずに残念だったが、やはり入って来た!
集中力をアップしてボトムを探り続けてそしてキャッチに成功した。
サイズは50cm
e0066115_209501.jpg

その後は反応を得れず、深夜までは引っ張らずに帰途へとついた。


1月27日 相模川
今夜もキャッチを目指して仕事が終わった後家には帰らずに川に浸かった。
22時近くの干潮まで流れも効く上に水位が下がって狙い処が絞り込まれる。
”きっとキャッチ出来る筈!”そう思える状況では有った。

ルアーチェンジを繰り返しヒットのパターンを探る。
ボトムを攻めれば取れるとは思いながらも、浮いている魚を獲る事が出来ればきっと数は出るはずと。
反応の出るレンジや動きやカラーを探り続けた。
そして今夜は意外なルアーで反応が出た。

片瀬の川中などで使われていたビーフリーズ。
反応の良さを感じたので1本買っておいた。

1本目は45cm
e0066115_20113757.jpg

2本目は40cm
e0066115_20121211.jpg

3本目は47cm
e0066115_20123955.jpg

4本目は初体験のウナギ
e0066115_20131039.jpg

その後は反応が無くなったので場所を移動。
2場所を移動して、
5本目、53cm
e0066115_2013484.jpg

6本目、30cm
e0066115_20143469.jpg

最終的に8ヒット6キャッチうちウナ1でした。
サイズは出なかったけれど、相模川で5キャッチは初の事、それはそれで良しと出来る内容でした。


1月29日 相模川
大磯で仕事が終わった後、時間限定で相模川でウェーディング。
今夜は早いタイミングでエントリーしたが、大潮の下げがなかなか流れを作らない中、反応が出たのは19時を廻ってからだった。
ファーストヒットは47cm
やはりボトムからのヒットだった。
e0066115_20152838.jpg

2ヒット目は相模川では今年初の鱸サイズ。
67cm
e0066115_20161377.jpg

それなりのサイズだが産卵後だからかエラ洗いは殆どせず。
小型のシーバスの方が元気一杯な印象だ。
その後、70アップと思われるシーバスもヒットしたがランディング中にフックアウト。
サイズアップをする事は出来なかった。


1月31日 相模川
月曜休みが取れたので、大量確保を目指して潮がまだ高い日没直後からエントリーした。
一晩中浸かり続ける予定だったが・・・
思った様な反応は得られず。
それでも早い下げの効いた流れの中バイブレーションのナチュラルドリフトに反応を見出せた。
1本目
e0066115_20171283.jpg

2本目
e0066115_2017477.jpg

3本目
e0066115_20182146.jpg

4本目
e0066115_20192671.jpg

反応も7ヒット程引き出せたが、食いが浅いのかキャッチは4本に留まった。
最後にヒットした1本は良いサイズ間違い無しだったのが悔やまれる。
下げ一杯を過ぎても投げ続けたが余りの反応の無さに不毛さを感じ、朝まで引っ張らずに終了とした。
[PR]
by uniglobe1 | 2010-01-31 23:59 | 釣り
<< 相模川ウェーディングゲーム 1年目にして! >>