まだまだこれから!

新年明けて再起動。
湘南エリアは12月の半ばに南西風が入り海が大荒れした時以来状況は悪くなったままだ。
多少キャッチはされているが殆どが居付きのものである可能性が高い。
回遊型の腹ぼてな大型シーバスはキャッチされては居ない。
産卵に落ちたのか?
沖のカタクチについてしまったのか?
正確な処は誰も判らないけれど著しくキャッチ率が低下したことは確かだ。
”湘南シーバス10日に1匹”と言われているけれどそれもまんざら嘘では無く、逆に10日に1匹出ればまだ良いとも言える。
仲間内の大会も12月末で終わったのも有り、このタイミングで三浦方面、伊豆方面での磯を中心とした釣りにシフトしようと思って居る。
水温もやっと下がって来た様なので、経験未熟なヒラ鱸もまだまだこれから大型を狙って行けるだろう。
厳冬期にまだまだチャンス有り、心臓がはち切れて仕舞う様なファイトに出会ってみたいと思っている。


1月3日 伊豆磯~三浦磯・サーフ
初釣りは伊豆方面にKさんと遠征。
当初はサーフへエントリーする積もりで居たのだが石廊崎の波高が1.2mと落ち着いてきたので急遽磯場へのエントリーとなりました。
暗いうちからオープンスペースで沖の回遊を狙い、明けてからはサラシの中を丹念に探るもノーバイト。
上空には沢山の海鳥達が小魚を探して旋回しているのですが、急降下する光景を見る事はありませんでした。
e0066115_22474768.jpg

伊豆からの帰り道、正月の渋滞に揉まれながらも昼過ぎには帰宅。
少しばかりの休憩を取ってから今度は単独三浦方面へ!
往生際の悪さは人一倍。
夕マズメまでの時間を磯場の探索に当て、本命場所は日没寸前からキャストを開始。
集中して2時間程度投げたのですが結局此方もノーバイトで終了と成りました。

初物ゲットは何時に成るやら・・・


1月5日 三浦磯
気象条件にチャンスを感じる。
今日から仕事初めではあったのだが、出社を昼からにして急遽ではあったが早朝海へと向かった。
だいぶ前に明るい時間に調査して廻った事のあるエリアだが実釣は今回が初めてで有った。
明るくなり始めた頃エントリーを開始、お友達からの情報も有り、立ち位置はそれほど悩まず直ぐに決まった。
南西の風はうねりを運んで来ていて、海はいい感じにサラシが出ていた。
e0066115_2363595.jpg

出るかも?
出来れば出したい!
そんな事を思いながらルアーを投げ続けた。

向かい風15m以上。
使えるルアーはやはり限られていた。
思い描いたルアーの泳ぎは泳がせるのでは無く漂わせる事。
聞いて知った知識でも実践して物にすればそれは自分の物。
普段、比較的早いリーリングでシーバスを釣っている自分のスタイルとは又違った世界が其処に有った。
強い風で出たラインスラッグでルアーにドラッグが掛かる。
ゆっくりと余分に出た糸ふけを回収しながらルアーを漂わせ続けた。


強力なバイトとエラ洗い!
ヒット直後の1連の動作は無意識下で今ひとつ記憶が無い。
根に廻られないようにパワーファイトして一気に寄せ、立ち位置脇の砂浜にランディングした。
サイズはたいした事は無いが久しぶりのパワーファイトに正直興奮した。
ドラグを駆使して泳がせて獲る釣りも楽しいが、トルクが有るシーバスとのパワーファイトもやはりたまらない。
勝てた事を素直に喜んだ。
e0066115_2336259.jpg

ヒットルアーはuzuのチンパン。
サーフだけ打っていたら手にする事は無かっただろうルアーだが使い方はきっと色々あるはず。
これからの活躍を期待したい。

その後8時を廻った頃から更に波風強くなり、反応も無かったので予定より早めの撤収となりました。
[PR]
by uniglobe1 | 2010-01-05 23:43 | 釣り
<< 1年目にして! 謹賀新年 >>