師走

早いもので既に12月も3週間が過ぎた。
厳しかった季節もやっと終わりあちら此方ですばらしい釣果も聞こえて来ている。
本格的な産卵前のお祭りが各所で繰り広げられている様だ。
とはいえ、例年に比べるとどのエリアもいまいちな様で必ず良い思いが出来る訳ではなさそうである。
地元に精通している地元密着型アングラーがキャッチ出来たとしても、それを聞いた他のアングラーが出向いキャッチ出来る確立はだいぶ低いように感じる。
自分の地元もご多分に漏れず良い時はかなり良いのだがなかなかそれが続きはしない。
時合いもかなり限定されていて外すと全く反応が無かったりする。
やはり魚影が例年に比べると薄いことは間違いないようである。


12月1日 湘南
休み前なので早い時間からエントリーして回遊を待ったのだが早い時間には全く反応が出なかった。
ベイトは疎らに分布しているのだが決定打に掛ける薄さ・・・
結局勝負は明け方に縺れ込んだ。
地合いは僅か5分程度だったろう。
2ヒットを拾えたがランディング出来たのは1本だった。
68cmのシーバスをゲット!
e0066115_13412994.jpg

12月の1本目を早々にキャッチ出来たのでそれはそれで良かった。


12月2日 湘南
大潮周りは結果が出ない事が多々ある。
今朝もそんな朝だった。
近隣でキャストしていた方々も反応を得られず。
これで”終わってしまう”のではないかと不安を感じた朝でした。


12月3日 湘南
でかいのを狙って獲る事など自分には出来ないので、地道にキャッチを何とか続けてチャンスを待つしかないと思っている。
今朝は地合いが来るのが通常よりも早かった。
真っ暗中、だらだらしたチャンスタイムを捉えて2本抜きを達成。
e0066115_13422744.jpg

60cmと70cmのよくベイトを食べてそうな魚体をしてはいたが、求めている外洋を回遊して入ってくる大型の魚ではなかった。
今シーズンはボイルが少ない様に感じる。


12月4日 湘南
全く記憶は無いのだがポイントへエントリーは確りしている。
ノーバイトでノーキャッチだったようである。


12月6日 湘南
週末でポイントは混み合っていたが反応は全く持って今一だった。
大磯から遠征してきている○水君がコチをキャッチしていたが、それ以外に魚は確認出来ず。
さっぱりな日が続いている。
朝日焼けが綺麗な朝だった。
e0066115_13431960.jpg



12月7日 三浦磯
仕事が早く終わる予定だったので、夕マズメは三浦へ行こうと思っていた。
手の空いた時間に仕事場の近くのキャスティングで鈴木斉オリジナルカラーのハニトラを購入。
今夜はこれで釣ろうと決めた。

日没直後に磯に潜入。
狙った立ち位置で回遊を待った。

風はアゲンスト!
波しぶきを被りながら、向かい風10m以上の中、まともに投げれるのはやはりシンペンしか無かった。

最初のヒットはブルースコード115c
今と成っては釣具屋でも隅に追いやられて仕舞っているが、やはり信頼の置ける一品に違いはない。
寄せに入ったリーリング中に波頭でエラ洗いを食らいフックアウト。
キャッチしたかったがシーバスが居ると判ればかなり精神的にはプラスの素材となる。

ベイトは波の花とキビナゴを確認。
その後は、やはりこれで釣らなければと、昼間に購入したハニトラを投げ倒した。

それほど魚影は濃くは無いのか、2ヒット目が出るまで更に1時間程掛かった。

強風下、風正対して真っ直ぐ投げ続けていたが、少し右へと着水をずらして風に乗せてドリフトさせて行った1投目だった。
ヒット直後からエラ洗いを繰り返したシーバスをそのまま狙っていたランディングゾーンに誘導。
無事キャッチとなった。
e0066115_1344137.jpg

三浦磯○ 60cmゲット!
サイズはたいしたこと無かったが久しぶりの磯マルのファイトは見事なものであった。

その後、本命の時合いと期待していた下げ潮に入ると海は更に波が高くなり微妙に危険な状況に・・・
とても単独で釣りが出来る状況では無いと思い引っ張らずに撤収となった。


12月8日 湘南
三浦でキャッチ出来たので朝マズメは地元に戻って竿を出した。
・・・が状況は相変わらず今一。
結局、ノーバイトで終了となった。


12月9日 伊豆磯 
夕食後、seabearさんのガイドの下、デカメバルとデカアジの探索に出た。
昨年は全く参戦しなかった分野なのだが、やはり美味しい食材であることに違いは無い。
厳冬期には時々、楽しみながら煮付けのネタを確保しに行きたいと思っている。

釣果は勝手知ったるseabearさんはデカアジ、デカメバだけに止まらず、デカカサゴもキャッチしていました。
自分はこんな感じ・・・
e0066115_13445417.jpg

アジは43cmもあり走りは強烈!
シーバス用に使用しているリールからドラグ音を轟かしていました。

年内にもう一度行ってみたく思ってます。
seabearさんお疲れ様でした。


12月10日 湘南
伊豆からの帰り道、釣友の○宮さんと連絡を取って今朝の状況を確認した。
渋めだったここ数日に比べると一変してまあまあな状態の様ではある。
翌朝は仕事ではあったが仮眠30分で頑張って見ることにした。

浅い僅かな睡眠後に先行している○宮さんに合流。
リーダーをメバル用からシーバス用に組みなおしている間に○宮さんがランカーゲット!

タックルを組み上げ 直ぐに自分も戦線に参加!
数分後にはワンキャッチに成功、ミッション終了と成った。
e0066115_13455545.jpg

キャッチ出来たのは綺麗な魚体の80シーバス

情報のお陰で獲れたありがたい1本であった。
[PR]
by uniglobe1 | 2009-12-10 13:46 | 釣り
<< アジ刺しとナメロウ 11月最終週 >>