連戦連敗

今年の秋のサーフは実に厳しい状況で推移している。
状況が良くないからかどのエリアもアングラーは少ないのでランガンはし放題であるのだが、反面実績が出た直後のエリアはアングラーが集中する事が多く、朝マズメなどは定点での回遊待ちをせざろう得ない状況に成っている。
ひと浜で1~2本の釣果ではくじ引きを引くようなものでなかなか結果に辿り着けていないのが現状である。

10月に入ったが、攻めるエリアや時間帯など少し違うやり方をして行かないことには結果を出すことは出来ないだろう。
どうしていけばいいのか?思案を巡らす毎日です。


9月14日 湘南サーフ 18~29時
休み前の長時間釣行はキャッチを目指してこのところ実績の出ているサーフにエントリーした。
日没直後の18時から明けて明朝の5時までの11時間投げ続けたが、結局ノーバイトで終了。
深夜に2時間ばかりの仮眠を挟んだ以外は集中して投げ続けたので、朝には精根尽き果てた。


9月17日 湘南サーフ 21~25時 
”釣れなくても良し”とはどうやっても思えない。
何とかキャッチに辿り着くべく新たなチャンスを求めて今夜もフィールドへと足を運んだ。
辛い釣行も一晩ゆっくり寝てしまえば忘れてしまう。
下げが効いている早い時間からのエントリーを目指したが家庭の事情も有り、結局だいぶ低くなった潮位からスタート。
干潮を挟んで深夜1時までフィールドに居たが、”バイト?”と思われるものが2度程度。
シーバスかはよく判らず。


9月22日 湘南サーフ 1~5時   
サーフ2場所を移動して深夜から朝まで粘ってみた。
1場所目は相変わらず反応が出ない。
2場所目は前日kenさんが良型をキャッチしたポイントなので期待度は高かった。
・・・が結局ノーバイトで終了。
近隣で投げていたお知り合いのアングラー2名はキャッチに至っていた。
チャンスは有った様だが、自分自身は今ひとつのバイオリズム。
魚運が無ければキャッチできない回遊量である。


9月23日 湘南サーフ 1~5時 
昨日同様、サーフ2場所を移動してシーバスを探した。
一場所目は8月頭に何キャッチかしているポイントだが、現状はだいぶ地形が変わってしまい浅く成り過ぎている。
セカンドブレイクから先でのヒットをイメージしながら狭いエリアをスライドしながら回遊を待ったがシーバスは現れなかった。
2時間程度して2場所目に移動。
前日と同じポイントに入ったが、キャッチ情報からか?休みだからか?今朝はアングラーが少し多めで有った。 
動き回ることは出来ず、1場所目同様狭いエリアをスライドしながら回遊を待った。 
結局シーバスは現れず。
朝マズメは見える限りはノーキャッチで終了となった。


9月24日 伊豆磯
シルバーウィークの振り替えで休みが取れたので、休みが重なったSand Walkerのkさんとワラサを狙って伊豆へ遠征した。
6月にワラサをキャッチしたポイントに深夜からエントリーしたが、暗いうちは殆ど投げずに朝を待った。
漁火と島々の明かり以外は殆ど光源が無く満天の星空が広がっていた。

北風が強く寒い朝だったが、釣果も寂しく、ワンバイトを拾ったワンヒットのみ。
ランディング寸前でラインブレイクしてしまったので魚種は判らず。
カンパチかワラサだと思われるが、ワンチャンスで終わると思って居なかっただけに残念なことをした。
これからが本格的なシーズンに違いないと思うので、又機会見て遠征してみたいと思っている。


9月25日 湘南サーフ 23~27時
仕事が有るにも関わらずキャッチを目指して遅い時間からエントリー、今夜は下げ一杯まで投げ続けるつもりで来た。
先行していたKさんはワンキャッチ後に河に向かい、遅い時間から来た自分に付き合って投げ続けていたコタカさんも一本出して撤収した。
波っ気の少ない海ではあったが、久しぶりに魚の気配を感じられキャッチに辿り着けると信じる事は出来たのだが・・・
ダツのみのキャッチで終了。
シーバスとは出会うことが出来なかった。


9月28日 湘南サーフ 22~25時
こりもせずに再び同じサーフを訪れたが全く反応出せず時間だけが過ぎていった。


9月29日 東京湾 ボートシーバス
Kさん、サバボウズさん、こばだいさんと一緒に初めてのボートシーバスに挑戦!
沖に出たからといって必ず爆釣とは成らない事は少ないながらもオフショアの経験で判っていたので、期待しながらも過度の期待は禁物と思っていた。
今回も朝一こそは高活性なシーバスに出会えたが時間の経過とともに厳しい状況となった。
しかし、船長さんの好意もあり最後のポイントまでもつれ込みながらも全員そろってのシーバスゲットと成りました。
e0066115_2058928.jpg

サイズは伸びず、写真の65cm程度が最大魚だったと思う。
次回挑戦時にはリアクションでヒットを引き出す術を身に着けたいと思っている。


9月30日 相模川 
今月最後の釣行は相模川でウェーディングゲーム。
28日にサーフを訪れた際、ノーバイトが続く中考えたのは次回からは攻め方と攻めるエリアを変える事。
10月に入ったら別のポイントに通おうと思っている。
そんな場所のひとつ相模川。
久しぶりに訪れたポイントは2月以来だろうか?
3時間程度投げて2バイトを拾えたがヒットには至らず。
バイトを感じることは無かったのだが、キャッチしたシーバスは自己最小記録間違いなしの個体だった。
e0066115_21285849.jpg

小型バイブがでかく見える12cmのシーバスをゲット
喜ぶに値はしないが、まっいいか!
[PR]
by uniglobe1 | 2009-09-30 23:59 | 釣り
<< 10月初日 再び活性アップ >>