ペースダウン

状況は依然好転せず、長時間サーフを流しても反応が無い状況が続いている。

どこかのタイミングで好転して大きな群れが入って来る事を期待したいのだが、現状ではそんな事は無いのかもしれないとさえ思い始めてしまっている。

しかし、サーフでのシーバスのエキサイティングな釣り味はやはりたまらない物がある。
厳しくてもこの先も行き続けてしまうことは間違いないが、状況が悪すぎると、モチベーションの維持はやはり厳しい。

現状、釣行数は減り、集中力を維持できる時間もどんどん短くは成って仕舞っている。

・・・が、めげずに通わなければ!

同じ思いをサーフを徘徊し続けているみんなが感じているはず!

感動できる釣りを求めて、湘南シーバスマン、頑張れ!


8月29日、9月1日、9月5日、9月7日 湘南サーフ~周辺河口エリア

家庭の事情も有りで出撃の機会が少なくはあったが、それだけではなく寝坊して出撃し損ねた日も何度かあった。
そのエリアも暗い時間のシーバスからのコンタクトは全く無く、ランガンしても回遊を待っても反応を得ることは出来なかった。
サーフの状況が悪かったので複合的に周辺河口エリアや小場所も攻めてみたが此方も状況は変わらず。
こうなってくると2~3時間程度ではなく、少なくとも6時間位は回遊を待たなくてはシーバスの行動エリアと自分のルアーとが交差しない様な気がする。
しかし、この状況での長時間の回遊待ちは辛いものがある。

唯一の釣果は、普段よりだいぶ東エリアのサーフでの明けてからのヒットだった。
シーバスのボイルを期待したが、青物以外は現れなかった。
e0066115_1914242.jpg

シラスは豊富に居る様で、腹いっぱい食べてワカシもだいぶ育ってきましたね。
[PR]
by uniglobe1 | 2009-09-09 19:02 | 釣り
<< 再び活性アップ 風の中に秋を感じる。 >>