風の中に秋を感じる。

状況は以前好転せず、そうこうしている内に8月も終わりが近づいて来た。
あまりの釣れなさに自分の過去のデーターを調べたり、リンク先の方々の古いデーターを見返してみたり、釣れないながらも何とか活路を見出そうとしてはいます。
少ないながらもまったく回遊が無い訳ではなく、どうそれを捕らえるか、試行錯誤を繰り返しながらの釣行が続きそうです。


8月20日 湘南サーフ
今朝はエントリーポイントを変えて、普段よりも西のエリアに入ってみた。
8月頭から一気に開幕かと思いきや激渋な状況が続いて、何かを変えなければモチベーションを維持してキャッチにたどり着けない様な気がしてしまいます。
何時シーバスが大量接岸するかは誰も予想出来る訳も無くまめにチェックし続けるしかないのが現状、辛い釣りが続きそうです。

1時過ぎに起床してフィールド入り、4時半過ぎまでシーバスを探索して回りました。
あまり打たないエリアだけに過去の実績は無く、人様の結果を元に流れを読み回遊を待ちましたがシーバスが現れることは無くノーバイトで終了。
サーフは8月前半の様なルアーマンでの混雑は全く無く、弓角を投げるおじさん達ばかりでした。


8月23日 東京湾奥
Kさんだいさんのお誘いに乗って、今朝は久しぶりに東京湾奥へと釣行してきました。
春に訪れたエリアと近隣のポイントではありますが初場所で有る事に変わりは無く、右も左もわからない状況でした。
そんなわけで、Kさんだいさんが前日にエントリーした時の状況を聞いてルアーをチョイス。
アジ、カタクチの回遊にあわせて入ってきたシーバスを青龍とホプキンスでキャッチした。

連続ツイッチングで躍らせた青龍でキャッチした62cmのシーバス
e0066115_2115430.jpg

ばたばた泳ぐホプキンス、此方はただ巻きにヒット。
e0066115_215777.jpg

全体的には状況は決して良いわけではなく、キャッチ出来たのはラッキ~だった。
しかし、獲れた事よりも、初めての場所であれこれ試行錯誤を廻す事が一番楽しめたと思う。
湘南での普段の釣りを生かす事が出来ればそれが何よりのことだと思っている。


8月24日 湘南サーフ
日付の変わる前、23時にエントリー。
朝、東京湾から帰って、今度は湘南でのシーバスキャッチにモチベーションは高い。
何場所かを廻って、朝までにはキャッチに至りたいと勇んで家を出た。

潮位の変化を目処にサーフを選択。
一場所目でサイズは小さいながらもワンキャッチ!
e0066115_2292366.jpg

ヒットした瞬間に手応えから直ぐにサイズを感じた。
普通に寄せては前回同様に波に揉まれてフックアウトすると感じたので、距離は30m程度は有ったが、そのままスプールを抑えて後方へバックしてランディングした。
サーフに摺り上げられたシーバスは思った通りの小さいものであったが、渋い日が続いている今、サイズはともかくキャッチ出来ただけでもありがたかった。

その後は予定通りに潮位の変化にあわせて、2場所ほど移動したが、結局朝まで反応を出すことは出来なかった。
早い段階でのワンキャッチに複数ゲットを目指したが現実は厳しく、再びシーバスが大量接岸したわけではなかった。


8月25日 東京湾奥
Kさんと二人、深夜から前回とは別エリアを徘徊した。
情報を拾って探した狙っていたエリアに到達はしたのだが、すでに時は遅し。
自分はワンバラシ、Kさんも2バラシとキャッチには至らず。

朝マズメは前回行ったポイントに移動してシーバスの回遊を待ったが、此方も状況は悪く、ベイトが入ってこなかったからなのかノーバイトで終了となった。

知らない処での釣りは新鮮で、釣果以外でもいろんな意味で得るもの感じる。
又機会見て行って見たいと思う。
[PR]
by uniglobe1 | 2009-08-27 22:40 | 釣り
<< ペースダウン 渋 >>