時合い

世間より少し早めに夏休みを取り、今日から再び仕事が始まった。
と言っても景気が悪い状況は自分の仕事でも変わらず、盆明けの今月後半がそれほど忙しくなることは無いだろう。
会社的には売上が上がらず厳しいが、釣りを集中してするには悪い状況ではない。

夏休み中は伊豆の稲取をベースに青物などを狙うつもりで居たのだが、台風と地震で散々な目に遭っただけで帰ってきた。
大したことは出来なかったが、本格的サーフシーバスのシーズンを前にのんびりすることは出来た。

そんなわけで久しぶりのシーバスフィッシング。
竿を暫く振って居なかったので、今日は盛りだくさんでガッツリと行くことにした。


8月12日 


相模川

仕事を早くに片付けて、夕方の早い時間は川でウェーディングゲーム。
台風の影響が未だに残って居て南風が強い。
おまけに沢山降った雨の影響で水位が高く普段の立ち位置まではエントリーすることは出来なかった。
当然予想はしていた事なので対策に川には似つかわしくない11フィートのロッドにSW4000HGの組合せを持ち込んだ。
サーフで強風下や波足が長い時に使用して行くつもりでの組合せたタックルだが、ロングロッドの割には170gと軽く、投げ続けても負担は少ないと思う。

南風が10m以上吹く中、未だ明るい川にディープに浸かって飛距離の出るルアーを投げ倒した。
予想通りに飛距離は抜群、2割増しとはオーバーかもしれないが、十分実釣に耐えれる飛距離を稼いでくれた。

先週もそうだったがこのところ相模川は水位が高く状況は今一。
水深が有るせいで付場が広範囲に広がっているのか?
何度かボイルだ出たが、時間いっぱい投げてノーバイト、キャッチすることは出来なかった。
しかし得る物も有った。
サーフ用のルアーを何種類か投げて飛距離を確認、風波の立った水面で泳ぎをチェックして、リトリーブ速度などの調整をした。
今夜に備えてプラスの準備は出来た。



湘南サーフ

一度帰宅後、22時過ぎにスクーターで湘南サーフのランガン起点にエントリー。
向かい風強く、波足が長い中、短距離をランガンして回遊を待った。

時間の経過と共に風も少し弱くなり波も落ち着いて来た。
ルアーを綺麗に泳がせる事が出来る状況が増えればチャンスは来るかもしれない。
そんなことを思いながら、波立つサンドバーの沖をめがけてルアーを投げ続けた。

ヒットは沖合いのブレイクでだった。
鈍い当たりを感じて合わせるとロッドから生命感が伝わって来た。
波が高く、4000HGを使って居るにも関わらず寄せ波が強くテンションが抜けそうになる。
せっかくのチャンスを棒に振りたくはない。
テンションが抜けた状態で波に揉まれると簡単にフックアウトして仕舞うので、後に後退しながらテンションを維持した。
e0066115_1117217.jpg

53cmとサイズは今一つだったが、それでも十分満足。
年間でも少量しか釣る事が出来ない湘南サーフのシーバス。
有り難いことには変わりはない。

その後ゴミと格闘しながら暫く投げ続けたが、次ぎに備えて別場所に移動。
今季は覗いてはいるが未だ竿を出していなかったサーフへと向かった。

地形をチェックしながら中距離をランガンした。
驚いたことに、此方でもランガン復路で沖合いで良型がヒット。
エラ洗いの時のシルエットと引きから70cm以上は有るかと思われるサイズだったが、寄せ波に揉まれてフックアウト、キャッチには至らなかった。
ヒットが出ては帰るに帰れず、その後、もう一往復、中距離をランガンしたが反応は出せず、翌日の仕事も考え後ろ髪引かれながら帰途に着いた。

寝不足の日が続きそうな感じですね。
[PR]
by uniglobe1 | 2009-08-13 23:59 | 釣り
<< 渋 回遊無く。 >>