久ぶりの連釣

8月1日 夕 相模川
連日通い始めて3日だが未だキャッチなし。
シーバスは確実に入っているのだが、良い状況には暫く通わなければ当たりそうにはない。
今日はウェーディング開始時はシーバスの気配があちらこちらで感じられたが、肝心のゴールデンタイムには全く反応が出なかった。
ベイトは以前安定しているので、チャンスはいずれ来るだろう。
気長に通い続ける積りだ。

8月2日 
朝、湘南サーフ

潮位の変化やヒットタイムから日付が変わる頃にサーフにエントリー
仕事前では有るのだが、夏休み前のどたばたも過ぎ残りの仕事は消化試合の様な物。
寝れなくても大丈夫なので日が明けるまでは投げ倒すつもりでサーフへと入った。

毎年の事だか、どのエリアを攻めるかもそうだが、常に悩む事はランガンすべきか?回遊を待つべきか?
今年は極力狭いエリアを細かく刻んで回遊を待つ方向で行こうと思っている。
要所要所を抑えるためにスクーターも最大限活用していくつもりだ。
広範囲に大量接岸が確認されないうちはその方向で考えている。

今夜もそんな事を考えながら長丁場回遊を待った。
過去の実績エリアを中心に時折ランガンしながらも、Aクラスのポイントでの回遊待ちに徹した。
結果、入って来たのは今季初となるランカーシーバスだった。
e0066115_1374084.jpg

口をあけてやっと80cmジャストと微妙な感じもするが、良いサイズには間違いなく、チャンスがやってきた事を感謝するありがたい一匹だった。

その後は反応無く終了。
まだまだ大きい群れでは無い様ではある。

夕 相模川
シーバスモードが加速する中、時間があれば少しでも竿を出そうと夕方は雨の中相模川に浸かりに行った。
濁りが入る事による高活性を期待しての釣行だが、それ以前に水量が多くいつものポイントには近づくことは出来なかった。
しかし活性は高かった様だ。
流れが速くベイトが流されてしまうのではないかと心配したがチャンスは来た。
散発的にボイルが出る中狙い打ち続け、着水点近くでヒット!
久しぶりのウェーディングシーバス。
ばらすことを少しは心配したが、泳がせて泳がせて浮かせてグリップを掛けた。
e0066115_1311688.jpg

ウェーディングゲームはグリップを掛けた瞬間の勝利感がたまりません。
連日通い始めて4日目にしてのゲットでした。
[PR]
by uniglobe1 | 2009-08-02 23:59 | 釣り
<< 滞っていたお料理ブログコーナー 再起動 >>