鳥山、ボイル発生。

5月8日
今朝は、だいさんと釣行。
風が強いせいか釣り場には当然先行者は居らず前日のポイントに悠々と入ることが出来ました。
海況、天候共にほぼ昨日と同条件なので、シーバスの回遊の可能性は高かったのだと思います。

明けを待って4時半近くからキャスティングを開始。
だいさんに釣ってもらう事がメインの筈か何故か自分がファーストヒット。
昨日はタックルケースに入っていなかった60gのジグ、ギャロップでのキャッチでした。

時間の経過と共に海には海鳥が集まり、散発的にシーバスがボイルを繰り返して居ました。
魚の気配をムンムンに感じながらの釣りは興奮を押さえて冷静に成ろうと思っても気持ちはどんどん高ぶって行きます。

ヒットゾーンはやはり遠方が多く、表層からボトムまでシーバスは散らばっている様でした。
数を追いかける積もりは無かったのですが、それでも7ヒット3キャッチ。
バラシはバイト直後の物とランディング中にフックが伸ばされたり外れたりした物でした。
e0066115_11493735.jpg

だいさんもバラシが多かった物のなんとかキャッチに成功したのでミッションは成功といった処でしょうか。

このポイントにたどり着くきっかけと成ったブログのfish_goron さんにも会えたので、シーバス以外も得る事が出来た釣行でした。
[PR]
by uniglobe1 | 2009-05-09 11:53 | 釣り
<< 鱸のみぞれ煮 パターンにはめる。 >>